2017年5月11日 (木)

ミツバツツジ

Photo_3

 
ツツジのなかで、ミツバツツジ(三葉躑躅)が一番好きだ。
春の里山のあちこちに、ピンクがかった紫の、つつじ色。
小ぶりで可愛らしい花のカタチ。
 
 
花が咲く
 
花が咲く
 
空から降ってくるように
 
大地から湧いてくるように
 
喜びのように
 
痛みのように
 
微笑むくちもと
 
またたく涙

2017年5月 9日 (火)

詩でインプロビゼイション(ご案内)

18238493_1324671387608535_6230206_2

                                    
昨年秋から参加している即興表現(インプロビゼイション)の会に、ゲストとして出演させていただきます。
いろいろ朗読して、そこから即興であれこれ。面白そう!
どなたでも参加できます。ドタ参加も歓迎です。

2017年5月 6日 (土)

海辺にて

藤棚の下を歩き、それから浜辺へ。
夕方の瀬戸内海は、島影の重なりと瀬戸大橋のシルエットが美しい。
今度は素足にサンダルで、波打ち際まで行きたい。

_20170505_115124


2017年5月 2日 (火)

心のひだ 吉備の美術

宝福寺で開催されている『心のひだ宝福寺で開催されている『心のひだ 吉備の美術~遠との共鳴~』へ。
新緑の境内と、光と影のコントラストが美しい方丈に静かに置かれた作品群。
一つ一つと対峙するうちに微かな音が聴こえてきた。命が湧き出でる音。此方と彼方との境界で、空気の佇むシンとした響き。
心を澄ませて耳を傾ければ、私自身も静かになっていく。

『心のひだ 吉備の美術』は5月3日(水祝)まで。
入場料300円。

Fb_img_1493660446312


難波聖爾展

現在、吉備路文化館で開催されている『難波聖爾展』へ。これだけの作品が1フロアに集まると…圧倒された。
どれも素晴らしいのだが、個人的に強く惹かれた作品を三つ。
「吉備の黒姫」細かい造形もさることながら、仁徳天皇を見上げた黒姫の微笑みに愛と信頼感が現れていて、胸を打たれた。
「胎」この世に人として覚醒する前の、生成り(なまなり)のような命。半眼の瞳は遮光器土偶のよう。ヒトは宇宙の中の単なる生命体なのだと思った。
「輪廻」尻尾を呑み込んで輪状になった竜=ウロボロスを思わせ、しかもそれが入り組んでいる。始まりが終わりで終わりが始まり。この作品の前にしゃがみこんで、うーん、と暫く唸っていた。

Img_20170426_184621_350


Img_20170426_184621_346


Img_20170426_184621_349

Img_20170426_184621_373

『難波聖爾展』は5月7日(日)まで。鑑賞無料。

2017年3月28日 (火)

calling

Calling

 
薇(ぜんまい)の、綿毛に覆われた渦巻き状の新芽がなんとも美しい。
命のカタチ。
私たちは、優しい声に導かれてゆっくりと開いていく。

2017年3月13日 (月)

詩の世界展・朗読会♪

17218731_1273046092771065_724697874

 
17311046_1273046606104347_539322239
 
11日(土)は『井奥行彦×なんば・みちこにみる詩の世界』展の朗読会でした。
 
展示されている立体の詩作品の間に椅子を並べ座っていただきましたら、後から後から人・人・人。総社市内外の文芸関係者の皆さん、井奥・なんば両先生の教師時代の教え子の皆さん。そして「私たち、女学校の同級生なのよ」という方々の笑顔で会場はいっぱいになりました。予想を大きく越える来場者で、100部用意していた朗読会の栞が足りなくなってしまいました(申し訳ございません)。
お二人のお話は愉しく、心に響くものでした。また私たちの朗読も喜んでいただけたようです。こんなにも先生方の詩に触れたい、詩を聴きたい人がたくさんいるのだと、心が熱くなりました。
                                  
まだ会期は19日までありますので、どうぞ皆様、足をお運びください。
 
17202836_1273047169437624_617052488
 
17239829_1273048156104192_518237287

「ふれあいアコースティック・コンサート2017春」のお誘い

201704_2
 
総社市の総社中学校内「まさきホール」にて、『ふれあいアコースティック・コンサート2017春』を開催します!
このコンサートも5回目となり、そろそろこの地域でのお馴染みになりつつある?かもしれません。
ジャンルはフォークからクラシック、ジャズまほかいろいろ。
楽器はギターからピアノ、歌声ほかいろいろ。
さまざまな演奏をお楽しみいただけます。
また「カフェ春風」では、地域の美味しいパンやスイーツが味わえますよ!
皆さまどうぞ足をお運び下さいね。
 
『ふれあいアコースティック・コンサート2017春』
◆日時:2017年4月15日(土)12:30~15:30(12:00開場)
◆会場:まさきホール(総社市秦540 総社中学校内)
◆入場無料(*座布団持参、雨天決行)
◆主催:まさきホール利用促進実行委員会「まさき音楽団」
 

2017年3月 9日 (木)

『詩の世界』展・朗読会のご案内

17211795_1266731066735901_634563119

 
『井奥行彦×なんば・みちこにみる詩の世界』展にて、お二人のお話を交えての朗読会を催します。詩の林の中で聴く朗読をお楽しみください。
【とき】 3月11日(土)14時~15時半
【ところ】 総社市図書館 3F展示ホール (総社市中央三丁目10-113)
【入場無料】
【問い合わせ】 総社市文化協会 0866-92-3491

2017年3月 3日 (金)

展覧会「井奥行彦×なんば・みちこにみる詩の世界」ご案内

Photo_2

 
3月初め、総社にて詩のイベント「井奥行彦×なんば・みちこにみる詩の世界」が開催されます。
井奥行彦、なんば・みちこご両氏は、総社在住の詩人のご夫妻。
「火片」「総社文学」「とっくんこ」等の詩誌をそれぞれ主催されており、私石川も「火片」に所属し、お二人のご指導を受けています。
今回、地元総社で開催されるこの展覧会は、お二人が紡いだ詩の世界を通し、詩の魅力を立体展示という形で味わえる催し。
また会期の中日に、お二人のトークを交えた朗読会も開催されます(私も朗読者の一人です)。
皆さまどうぞ足をお運び下さい。
 
*****
 
「井奥行彦×なんば・みちこにみる詩の世界」
 
◆とき◆
平成29年 3月 5日(日)~19日(日) 午前 9時~午後 5時
(※朗読会: 3月11日(土)午後 2時~3時30分 朗読/金池兼広・矢吹政行・横田優子・石川早苗)  
◆ところ◆
総社市図書館3F展示ホール(総社市中央3丁目10-113 月曜日休館)
◆入場無料◆
◆主催・といあわせ◆
総社市文化協会(事務局:0866-92-3491/月曜日は休み)

«如月。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31